生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

スポンサードリンク



生命保険料控除の計算 【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険に加入していると、毎年年末に保険会社から生命保険料控除証明書というものが送られてきます。この生命保険料控除証明書を“給与所得者の保険料控除等申告書”や、あるいは確定申告の際に添付して提出しますと、払い込みの保険料の額によって所得税や住民税が減額されるのです。

このことは、生命保険料控除と呼ばれていますが、これは簡単に言いかえれば『生命保険の保険料を払ってるので税金安くして欲しい!』と言う思いで、行政に書類でもって訴え、税金を減額してもらっているということです。

生命保険料控除は、自分が払っている保険料により控除される金額も変わってきます。例を出すと、生命保険の保険料を年間12万円払っているとして、所得税が5万、住民税が3万5千円ほど税額が控除されるのです。間違ってはいけないのが、この金額は別途にもらえたりするわけではなく、あくまでもお役所が税金を計算する時に、申告者の所得からこの金額分を減らして計算するということですのです。

実際の税額控除の計算は、先の例ほど単純ではありませんが、税率が10%ならばこの金額を10で割った分(所得税5000円、住民税3500円)税金が安くなると考えてほぼ間違いないでしょう。所得税の控除額をみますと。保険料が2万5千円までなら全額、2万5千円〜5万円で保険料の半分の12500円が控除されます。つぎに、保険料5万円〜10万円以下で保険料の4分の1プラス2万5千円、10万円を超えた場合は一律5万円の控除となるのです。

もちろん、生命保険に入っている人であれば誰でも保険料控除を受けられるというわけではなく、生命保険の加入形態が、保険金受取人が本人またはその配偶者またはその他の親族で6親等以内の血族か3親等以内の姻族であり、その方が生命保険の保険料を払っている場合のみ控除を受けられるのです。

この生命保険料控除の他にも、個人年金保険料控除というもの、民間の年金保険に加入している人は、生命保険とは別に計算され、各々に5万円、3万5千円の税金控除があるのです。

生命保険料控除は、定められた条件を満たす保険料さえ払っていれば税金が安くなる制度なので、保険会社から送られてくる生命保険料控除証明書は、絶対に捨てたりしないように厳重に保管いたしましょうね。

最後に、これらのことから、生命保険の加入に際しては、生命保険料控除も重要なポイントになります。ですから、生命保険の契約に関しては、保険金や保険料などの他に、受取人や契約者といった加入形態にも注意して検討するようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。