生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

スポンサードリンク



医療保険について(生命保険)

病気やケガをしたときの治療費や生活費などの経済的負担を軽減する目的とした保険が医療保険です。

医療保険の商品は、民間の各保険会社のほかにJAなどの組合からも販売されています。医療に関しての公的な保障のものとして、公的医療保険(健康保険)があり、誰もが加入してますね。

しかし、公的な保険では保障する範囲が限定的であり、カバーされてる範囲内の医療でも、自己負担額を3割支払う必要があります(ひと月の上限額があります)。

また、実際に病気やケガで入院したときの差額ベッド代(大部屋以外のベッドなどにかかる費用、1日1,000円〜10,000万円くらい)や保険対象外の最先端医療、家族の交通費などの健康保険の対象外の費用はなりの費用がかるようです。

さらに、入院により働けない期間が生じると、収入減もということも悩みの種となりますので考えておく必要があるでしょう。

これらのことを踏まえ、健康保険ではカバーしきれない部分の上乗せとして医療保険はぜひ持っておきたい保険です。

通常、生命保険契約で医療保障を付加しようとしたら、単独の医療保険保の商品に加入する方法と、定期保険商品などの主契約に、「医療特約」という特約形式で付加する方法の2つがあります。

2つの方法を比べると、医療保険に単独で加入する方が、より自由度の高い保障契約になります。

もっと具体的に、2つの加入方法を説明すると、単独の医療保険に加入する場合には、その保険自体には死亡保障がついてない代わりに、入院1日目からの保障や期間や内容を、契約者が自由に決められるメリットがあります。

逆に特約形式の場合には、主契約ありきとなるので医療保険のみに加入することができません。さらに、主契約によっては、入院日額や保障期間に上限が決められていたり、数日は保障外となっていることがあるので注意が必要です。

でも、その分あまり考えなくても、パックで簡単に契約できる面もあり、特約も自由に組むことができますよ。

現在、加入している保険をベースに考えて、どちらの方式を選ぶか決めるといいでしょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。