生命保険 更新 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

生命保険の更新の際の注意点【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険に加入している人の殆どの人が、更新を経験すると思いますが、その生命保険の更新には注意が必要です。ここでは、生命保険の更新の際の注意点などについてお話いたします。

おなじ生命保険に加入していても、終身保険などは更新の必要がありません。しかし、定期保険では、その名の通り定期的に、契約の更新時期がやって来ます。ですから、生命保険の更新について考えるときは、まず自分がどんな形の保険に加入しているのかを知っておく必要があります。

現在、生命保険に加入している日本人のほとんどの人が、定期付終身保険に加入していると言われています。定期付終身保険とは、終身保険と定期保険ほ合わせた保険です。この保険に加入している方は、定期保険部分が10年や15年の更新型になっています。

この生命保険更新で知っておくべきことは、更新の都度に保険料が上がる事です。この値上がりした保険料は、加入した保険にもよりますが、いまの保険料の約1.5〜2倍程の値上がりとなるようです。ですから、この保険にずっと加入していると、60歳になる頃には非常に高額な保険料を払わされる事になりますので注意が必要です。

この殆どの人が加入している定期付終身保険は、基本的には自動更新になっているので、知らず知らずのうちに、または更新型であることを忘れてしまっていて、知らないうちに保険料が上がっているわけです。ですから、殆どの人が、更新時期に値上がりした新しい保険料を知ってびっくりするわけです。

そのため、更新時期に現在の生活にあっていない特約などを外したり、子供の成長などで過剰になった定期部分(掛け捨て部分)の保障額を減らしたり、定期型を辞めて全期型や終身型に切り替える等、保険料をある程度抑える必要が出てきますよ。

ここで断っておきたいのは、更新時に保険料が上がるといって定期保険が悪いというわけではないという事です。定期保険は、保険種類の中でも低額の保険料が特徴であり、収入も少ない若い頃や小さなお子さんが成長するまでの間に手厚い保障が必要な家庭には、大変重宝する保険になっています。

生命保険に加入していると、歳をとるにつれて病気や死のリスクが高くなるため、保険料が上がるのもやむをえないといえますが、殆どの方は、よく考えずに勧められるがままに保険に入っていると、それを知らないために保険料の請求でびっくりすることになってしまうわけです。ですから、更新型の保険に加入している方は、更新時期に保険の見直しを考える事になります。

その時に保険会社の担当者などが、今の保険に対して“転換プラン”というものを提案しアプローチをかけて来ますが、その時はよく考える必要があります。すなわち、要注意ということですよ。

この転換というのが曲者で、それまで加入していた保険は、転換をした時点で契約解除になり、それまで有していた保険上の有利な条件(契約者配当や高く設定された予定利率や保険の免責事項など)が、白紙にもどるという事です。

また、保険の担当者が新契約にあたり必要のないプランを売り込んでくることもあるので、担当者のプランに流されないように、自分の生涯設計のプランを決めて、自分の保険を充分吟味して更新時の契約変更などを行うとが重要といえます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。