生命保険 相続対策 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

生命保険での相続対策【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険相続対策ということについてお話します。もし、親などが無くなって、親が所有する家屋を相続する事になったとき、残された相続人同士で、その家の所有権をめぐって醜く争うなどのケースが発生するおそれはあります。ですので、もしもの為に相続対策は考えておくべきでしょう。

上記のように、相続財産が家しかなく、複数の相続人がいる場合には、財産の分割ができないため、現金という分けやすいものを作る事により家族同士の相続争いをある程度避けることが可能となります。財産を現金という形に分ける方法として、生命保険保険金を利用する事ができます。つまり、保険の被保険者が亡くなり、保険会社から死亡保険金が下りる際に、この保険金を遺産として分配することができます。

この事をもう少し詳しく説明します。生命保険などの保険金を受取る際には、所得税や相続税、あるいは贈与税がかかります。また、保険料の負担者と保険金受取人が同一の場合には所得税が課せられるのです。この保険金を一度で受け取った場合には、一時所得となりまして、他に一時所得がない場合には、死亡保険金より払い込んだ保険料と特別控除50万円を差し引いた金額の半分が課税されるのです。

また、死亡した被保険者と保険料の負担者が同一の場合には、相続税が保険金に課せられます。この場合ですが、死亡保険を受け取る相続人1人につき500万円の税金が控除されます。また、この人数には“相続の放棄”をした人も含まれるのです。

また、保険料の負担者・被保険者・保険金の受取人がすべて異なる場合には、相続税が課せられます。この場合には、他に贈与を受けた財産と合算した後に、基礎控除の110万円が差し引かれて課税されるのです。単純に保険金を分けるだけであるならば、相続税の一人当たり500万円の控除は大きいですよね。つまり、相続人の数と保険金次第では税金がほとんどかからないことになるのです。ただし、保険金が高額の場合には、税率の低い受け取り方をとることも一つの手です。

また、前述したように、財産が家1軒の場合には不動産を複数の人数で分配することは難しいので、不動産を受け取れない人には、保険金という形で釣り合いをとる方法もあります。ただし、これらの方法は被保険者が高齢、あるいは不健康だと加入が難しいので、健康なうちに加入することをお勧めします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。