保険金 支払い - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

生命保険 保険金の不払いについて【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険に加入しているのに、保険金不払いになる事があるのをご存知でしょうか?

どんな生命保険に加入していても、保険金不払いになる場合があります。それは加入後2〜3年後の自殺や契約者や受取人が被保険者を殺害した場合、告知義務違反を犯した場合などです。

また、医療保険であるガン保険でも保険金の不払いが起きます。がん保険の場合は、一部のガンで保険金が出ない場合があるという事です。このうち、告知義務違反に関する不払いで問題が起こりました。告知事項との因果関係が全くない病気に対し告知義務違反と判断されるケースがその1つです。本来もらえるはずの保険金が何の関係もない病気と関連付けられてもらえなくなってしまうわけです。

また、医師の診断がなく、被保険者が病気だと知らなかった場合にも告知義務違反を適用させたケースがあります。病気の事実を知ってて黙っていた場合であれば、被保険者側に問題がありますが、被保険者が病気だと知らなかった場合でも保険金が払われないというのは、被保険者も納得できないでしょう。

この不払いの問題は、告知義務違反と関係ない部分でも起きています。不払い問題の代表にあげられるのが請求勧奨漏れによる不払いです。保険金請求があった際に、同時に特約等の他の請求ができることを契約者に説明せず、その結果として被保険者からの請求がなく保険金を支払わなかったというケースです。この問題は、長年国や行政の間でも触れられず、近年になって問題視されるようになりました。

これらの保険金不払い問題は、バブル崩壊後の不景気も背景にありますが、保険会社の不誠実さや怠慢によるコンプライアンス違反のものが大きく影響しています。ですが、被保険者である私達も、自分がどのような保険に加入しているのか、どういった特約をつけているのかという事をしっかり把握し、保険会社の営業マンなどの人任せにしないようにすることが重要ですよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。