生命保険 解約返戻金 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

生命保険の解約返戻金【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険は、いつでも解約ができます。そして、解約をすれば解約返戻金としてお金が戻ってくるのです。あたりまえの事ですが、意外と知らない人もいると聞きます。ここでは、生命保険契約の解約と解約返戻金についてお話いたします。

現在の保険の内容を見直して不満があったり、保険料が払えなかった場合は、その保険契約を解約することができます。この保険の解約は、自分が加入している保険の証書と印鑑と免許証などの身分証明ができるものと通帳等を保険会社に持参して解約手続きを行います。保険の解約手続きが完了すると保険会社から解約返戻金が出ます。

この解約返戻金は、掛け捨て型の定期保険も例外なく支払われます。ただし、保険種類の中には返戻金をゼロに設定している商品もあり、その保険契約の場合は出ません。この掛け捨ての保険は満期になれば当然何も戻ってきませんが、その前に解約すると解約返戻金が戻ってきます。とはいえ、その額は、もともと返戻金額が多い終身保険などに比べれば少ない額になります。

この解約返戻金の多い終身保険でも、加入直後では保険料の多くが新契約費など保険会社の経費に回り、たいした返戻額にはなりません。その代わり、契約期間が長くなるほど返戻金額が増え、最終的に支払った保険料の総額より高くなることもありますよ。さらに終身保険は契約が一生涯のため、保険料払い込み満了後でも返戻金が出てくるのです。

この終身保険の貯蓄機能を利用して、終身保険の実質的な保険料を定期保険より引き下げることも可能です。ただし、低解約返戻金型終身保険という、返戻金を低く抑えて保険料を下げた保険もあるので、契約時にはよく説明を受けるなどの注意が必要です。

また、養老保険は支払う保険料も高いですが、その分返戻金も高めになっています。保険料が高くなる分返戻金も高くなるという点を考えると、養老保険は保険における一種の貯蓄といえるでしょう。

この支払われた解約返戻金ですが、保険の見直しをしていたのならその保険料に当てることができます。あるいは、返ってくるお金を学費や老後の生活費に当てる方もいると思います。

まあ、保険のお金はイザという時に使うものなので問題はありませんが、解約返戻金には税金が課せられるという事を覚えていたほうがいいですよ。もし、多額の解約返戻金が返ってきても、うっかり税金を納め忘れることのないようにしましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。