生命保険 特約 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

生命保険の特約について【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険特約について、どれだけの方がご存知でしょうか? 自分の加入している生命保険には、いくつの特約がついていて、それに対していくらの保険料をはらっているかという事を、どれほど理解されているでしょうか? ここでは、生命保険特約についてお話していきます。

生命保険には、必ずと言っていいほど「特約」がついています。特約とは、もともと主契約に対してさらに保障を追加するためのもので、主契約を補う形でついているのです。有名なところではガン特約や三大疾病特約でしょうか。これらは主契約である定期、終身、養老保険等につけるもので、保険のルールとして特約を単独で契約することはできません。

また、定期保険や養老保険の保障は、終身保険に特約としてつけることが可能です。このうち定期保険を特約にした定期付終身保険は、今でも加入者の8割近い方が加入していると言われるほど多い保険なのです。

この特約は多種多様で、つけられる条件や保障内容も会社によって様々なので、保険会社の資料などで調べるとよいでしょうね。契約期間は基本的に主契約や保険料払い込み期間と同じ期間になります。さて、主契約を決めた上で特約をつけていくわけですが、自分のライフプランを考えた上で必要なものや不要なものを選別して、見積りなどで保険料も考慮して特約をつけていくことになります。

試しに25歳の男性に、60歳払い済みの終身保険に成人病入院特約をつけると仮定場合、保険料を払っている間(保険加入中)は、給付金払い込み事由に合致した、五大成人病で入院した場合に入院給付金が支払われるのです。ただし、特約の契約期間が保険料の払い込み期間満了までのため、よくある保険パターンの満了後の60歳からは特約による保障が受けられなくなります。一部例外もありますが、その場合でも最高80歳まで特約分の保険料を払う必要があります。

また、若い頃に成人病特約などは、よほどの場合でなければ保険料の無駄でしょう。自分にはいつ、どの保険、特約が必要なのかを見極めてプランを立てることが大切ですが、まずは、いま自分が加入している保険にはどの様な特約がついているかを確認して、上記のように不必要な特約であれば、特約の解約なそ保険の見直しを行う事が重要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。