生命保険 格付け - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

格付けで選ぶ生命保険【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

保険会社を選ぶ基準は持たれていますか?生命保険は、自分の一生にわたって不測の事態をカバーしてくれる大事なものです。その生命保険を取り扱っている保険会社は、いい会社を選びたいものです。そのために保険会社格付けを利用しましょう。

保険会社を選ぶ基準は、その会社の経営状況が重要な要素になります。保険に加入していても、自分の保険を委ねている保険会社の経営がうまくいっていなかったり、会社が破たんしてしまっては、保険証書に書かれているような十分な保障は受けられなくなります。

保険会社は、破たんしても生命保険契約者保護機構によって責任準備金の9割が補償されますが、9割に減る事で保険金や入院給付金も減額されてしまいます。こうならないためにも、保険会社を選ぶ基準の1つに支払能力の格付ランキングがあります。

この格付ランキングは、専門の格付機関による評価をアルファベットや記号で、AAAやBBというように表します(格付がない会社もあります)。代表的な機関としてスタンダード&プアーズやムーディーズがあります。

世界的に有名な格付け会社のスタンダード&プアーズでは、AAA〜BBBまでが安定的な会社で、それより下位の会社は投機的要素の強い会社と区分しているようです。つまり、これから保険に加入する場合はBBB以上、可能ならA以上の保険会社から選べば比較的安全ということになりますね。

評価は格付機関によって異なってきますが、大きな違いはないようですよ。また、すでに現在加入している保険会社の格付が下がっていくこともあります。しかし、保険会社は格付が下がってすぐ破たんするわけではなく、実際に破たんするまでに時間をかけてゆっくりと格付が下がっていきます。その間に、自分の加入している保険会社の変更を検討して契約を見直すことも十分可能です。

ただし、この格付は契約(債務)を履行する能力や支払能力を評価したもので、保険そのものの内容については一切関わっていません。去年来のサブプラ問題の影響でアメリカの世界最大の保険グループAIGでさえ、破綻の危機を迎えました。政府の支援で何とか回避できましたが、日本では大和生命が経営破たんしました。

大手・準大手の保険会社といえども、現実に破綻し倒産することがあるのです。そんな状況も踏まえ、保険のプランは保険会社を選択した数社から比較検討し、自分の保険を安全に継続させれるように格付けをチェックいたしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。