生命保険の見直し - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

保険会社から見積もりをとる【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険を見直そうと思った時には、ご自分の加入している保険がどう云った内容のものか、そしてそれが自分に会っていなかった場合、どの様な保険が自分に合うのかを知る必要があります。その為には、まず保険会社に資料を請求をすれば、色んな保障プランを検討する事ができます。

そして、その資料を基に気に入ったプランが見つかった時、あるいは既にプランが決まっているときには、保険会社から「見積もり」を取り寄せて保険料や保障を比較してみると自分に合った保険が探しやすいでしょう。

ただし、見積もりの額が指定した額より低い額になっている理由など、見積もりでは見えてこない部分があるので、その場合は保険会社に問い合わせをする必要性も出てきます。見積もりを見比べる時には、それぞれの保険のメリットやデメリットを比較すると良いでしょう。自分の年齢やライフスタイルやプランを考えて、どの時期にどの保障が合致しているか、保険料はその時の収入で払う事ができるか、主契約と特約をどの様にするか等、損をする事無く、目的の保障を受けられるように計画を立てます。

そして結婚や子どもの事などで、ご自分の生活環境などライフプランが変わった時に、再度資料と見積もりを保険会社に請求します。保障はその時々によって変化いたしますので、保険の見直しでは、その時の最良の選択肢を選ぶようにしましょう。シンプルな保障だけなら問題ないと思いますが、見積もりや資料だけではどうしても見えてこない部分は保険会社に問い合わせるか、ファイナンシャルプランナーなど保険のプロに相談すると良いでしょう。

専門家であるファイナンシャルプランナーであれば、素人にはわからない見積もりの要点や効率の良い保険の活用もアドバイスしてくれるはずです。ただし、多少の相談料がかかります。相談料など費用が気になる方は、保険会社の男性営業マンに相談するのもいいでしょう。最近では外資系保険会社等の男性営業マン等は、FPの資格を持った方も多く、彼らならお金をを払う事無く、保険を含むファイナンシャルプランについてアドバイスをいただけるでしょう。

生命保険は、自分の望む保障や老後を得るための有効な金融商品です。保険を選ぶため、資料や見積もりのチェックは怠らないようにしましょう。

ファイナンシャルプランナー 保険見直し相談【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

ファイナンシャルプランナーFP)は、いまや保険・金融業界では持ってて当たり前の資格となっています。それでは、保険におけるファイナンシャルプランナーの役割って何なのでしょうか? ここでは、ファイナンシャルプランナーの力を借りて、上手に保険の見直しができるよう、FPの基本的な事について話しています。

資産運用や金融に関するアドバイスを仕事にしているのがファイナンシャルプランナー(FP)です。ファイナンシャルプランナーは今の保険を見直す場合やこれから保険に入る場合に、提供した収入や資産の情報をもとに住居、教育、老後を考えてプランを立ててくれます。

保険以外にも、住宅ローンなどの相談も受けられます。FPには金融業者や不動産会社に勤める「企業系FP」と企業に属さずに自営している「独立系FP」の2種類あります。「企業系FP」は、当たり前ですが自社製品を売るのが仕事で、相談料は無料で、その会社の良いプランを考えてくれるものの、他社の商品は絶対に出てこないのでライフプランとしての幅は狭くなりがちです。

一方、「独立系FP」は一部を除き相談料をとられますが、中立・公正な立場から、そして顧客本位で複数の会社からプランを考えてくれます。企業系のFPはどうしても所属する企業という制約があるので、もし今加入している生命保険に疑問を感じたのであれば、生命保険に強い独立系のFPに相談してみるといいでしょう。

また、新しく保険に入る場合も独立系のFPに相談するか、相談料が高いなら複数の会社のFPをあたり、その中でこれはと思ったものを選ぶといいと思います。相談はインターネットや電話でも可能です。また、相談会なども各地で行われているようですので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

ライフプラン設計で保険を見直す【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険に加入する際に、ライフプランを設計して保障内容を考えた経験はありますか?もし、そんな経験が無いのなら、今入っている保険の見直しを考えたほうがいいかも知れません。それほど、生命保険の保障設計において、ライフプランを立てる事は重要なファクターなのです。ここでの記事は、生命保険の見直し時の第一歩である、ご自身のライフプランを設計する事についてお話しています。

ライフプラン(人生設計)、保険会社の第一生命では生涯設計と呼ばれていますが、自分にはどの保険が合っているのか、どのプランに入れば安心なのか…それを決定するために必要なものです。

今の保険を選んだ理由が「保険会社や保険勧誘員に進められるがままに・・」という方も多いと思います。その結果、必要のない多くの特約がついていたり、自分には過剰な保障内容だったりして、最終的に高い保険料を払わされることになります。まあ、人生においては、思いもよらない病気がいきなり襲ってくるということもありますが、多くの場合は保険料を無駄に払っていることになってしまうでしょう。

そうならない為にも、あるいはその状態から脱却するためにも、ライフプランを立てることになるわけですが、いままで立てた事が無い人に、いきなり立てろといっても、どのように計画すればいいのかわからないかもしれません。そこで、まず20代から30代前後の就職や結婚、子どもの誕生やその人数など、人生において重要な部分から考えてみると良いと思います。

もちろん、先のことは誰にも分かる筈がありませんし、必ずしも希望通りの結果にはならないと思いますが、ライフプランを立てて、ご自身のキャッシュフローの中で保険を含めた無駄のない資金運用をすることで、プランの実現と豊かな人生を送ることが可能になるのです。

しかし、1人で考えるには限界がありますよね。そこでまず、身近な人生の先輩である両親に相談すれば有用な情報が得られるかもしれません。 保険料などでの失敗談があればそうならないようアドバイスももらえると思います。また、ファイナンシャルプランナーという職業の方もいらっしゃるので、上手な資金運用の方法を教えてくれるでしょう。でもあくまでもアドバイスを参考にして、最後は自分で決定しましょう。ライフプランは自分自身のことですので、人任せではなく、実現のための積極的な行動が大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。