生命保険 比較 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

生命保険と共済保険を比較する【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険共済保険比較について、ここではお話しています。一般に民間の生命保険より負担額が少ないといわれている共済ですが、実際生命保険とどのように違うのでしょうか?

共済とは、COOP共済、JA共済、全労済などの協同組合をはじめ自治体等の一定の地域や職でつながる人が団体をつくり、人の生死や災害などに際し一定の給付を行う事業をいいます。

生命保険は保険業法を根拠法として、生命保険会社が扱っています。一方、共済の根拠法は複数あり、実施する団体も数多くあり、根拠法のない共済などというものまで存在します。代表的な共済に、サザエさんでおなじみのJA共済があります。これは農業協同組合法を根拠法とする共済で、基本的には組合員だけの保障ですが、員外利用(組合員に対して一定の割合まで)や出資金を出し准組合員となることで利用できます。他の共済に比べ医療保障が充実しています。

続いて全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)です。全労済、そしてCOOP共済は消費生活協同組合法に基づいて運営されています。こちらは出資金を払って組合員になることで利用できます。全労済の共済では、族保障、医療保障、生存保障、火災などによる住宅・家財の保障や、自動車事故による賠償責任の保障まで行ってくれるのが特徴です。

「こくみん共済」もこちらの共済です。また、保険料が安く、生命保険と比べ配当金が多く、商品もわかりやすくなっています。COOP共済は自分が最低限確保したい保証を確保できるようになっています。「たすけあい」や「あいぷらす」などです。やや融通が利かない部分もありますが、一部を除き審査が不要なので、生命保険では負担が大きいと思ったら今まで利用していなかった共済を利用してみてはどうでしょうか?

わたくし的には、生命保険で家族に対する基本的な保障を確保しながら、この様に不足部分やお子さんの保障などを共済保険で補うというのが、理想的な保障プランだと思ってます。みなさんは、どう思いますか?

生命保険を比較するポイントとは?【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険とは、自分自身が将来に身体的に障害などを受けてしまった時の経済的な損失補填を目的とした保険。生命保険は非常に高額なものなので、一般の人にとっては家や車の次に高い商品とまで言われています。しかし、生命保険の内容は複雑で良く内容を理解出来ないまま、保険のおばちゃんなどに勧められて契約している人が多いのも事実ではないでしょうか。

社会人になったら保険は入るもの、生命保険は家族への愛の証、などと言った形で勧誘された方も多いかと思いますが、これらの言葉を真に受けて保険に入りっぱなしではいけません。まずは、高額な対価を払ってまで購入する生命保険とはどんなものなのかを理解いたしましょう!

生命保険には「定期保険」、「終身保険」、「定期付終身保険」、「養老保険」、「医療保険」、「がん保険」、「介護保険」、「個人年金保険」、「こども保険」など、様々なものがありますが、近い条件でも保険料が異なったり、少々値が張ってもそれに見合う条件であったりと、各会社ごとに力を入れている分野が異なります。

例えば、「ザ・ガン保険」は、終身ではなく掛け捨てで、10年更新で保険料が増えていくものの、その分保障内容は充実しています。一方、チューリッヒの「終身ガン保険」とアリコの「ザ・ガン保険」を比較すると、「終身ガン保険」は「ザ・ガン保険」と比べ保障額が少ないですが、終身の保障が得られるというのが強みです。また、各種特約をつける事も可能なのです。

どちらも低価格の保険なので、これ以上の保障を受けたいのならもっと高額の保険に加入するという事になります。また、同じ会社でも顧客に合わせた保障を細かく分けてある様です。例えば、アフラックの「EVER」と「EVER HALF」は、保障が同じで、どちらも終身保険ですが、保険料が割高の「EVER HALF」は60歳以上になると保険料が半額になります。60歳からの保障を考えるのなら「EVER HALF」を選択することになると思います。

いくつか例を挙げてみましたが、これはあくまでもごく一部で、海外の企業も日本の保険市場に参入しているため、保険素人の一般の方が、自分のライフプランに合った保険を1人で見つけるのは難しいと思われます。1人で保険を考えるより、ファイナンシャルプランナーや保険会社に積極的に相談してみるといいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。