生命保険 選び方 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

生命保険の正しい選び方【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険の正しい選び方についてお話します。社会人になると誰でも加入している生命保険ですが、あなたは加入する時によく考え、自分で選んで加入しましたか?

ほとんどの方が、「会社によく来る保険屋のおばちゃんがすすめるから・・」という様な動機で加入しているのではないでしょうか。生命保険に加入している日本人の統計資料では、保険の加入者が保険会社に支払う保険料の累計金額の平均は、約1300〜1500万にもなるようです。

そんな、高額な買い物である生命保険だからこそ、自分にあった納得したものを選びたいものです。そんな意見に賛同していただける方には、今からお話しする『生命保険の正しい選び方』のお話は、必ずプラスになると思いますよ!

まず、選び方の基本は、勧められるがままに無計画に生命保険に入って、保険料で首が回らない状態にならないように、自分のライフスタイル、あるいは家族に適した生命保険を選択することが大切です。

例えば、独身の方であれば、まず養うべき家族もいないので死亡保障はそれほど必要ないでしょう。結婚し、子どもができるまでは医療保障を重視すれば充分だと思います。また、若い内に終身医療保険を選択しておくと最終的に保険料が安く済むこともありますよ。

次に死亡保障が必要になる場合、つまり扶養すべき家族がいる場合は、お子さんが全員自立するまでの期間に関して、万一の場合の遺族の生活負担を減らす意味で死亡保障を重視した生命保険を選びましょう。

ただ、お子さんの成長やローン返済等にともなって必要な額は減ってくると思うので、そのときに合ったプランに変更する事も必要です。短期間であれば掛け捨ての方が安く済むので、掛け捨ての定期保険を選ぶと良いでしょう。

老後が気になってくる50代あたりからは、老化にともなう病気や怪我に備えて、再び医療保障重視の保険に切り替えると良いでしょう。ただし、歳を取った時に大きな病気などをした経験があると、新しい医療保険には入れない事があるので、そのつもりで切り替えを計画しましょう。

また、満期になったら保険金を受け取る事のできる貯蓄保険もあわせて加入しておくのも一つの手です。ここで重要なのは、ただ闇雲に安いものを、ではなく、自分に必要な保障を含んだもので安いものをを考えなければいけません。生命保険にはさまざまな特約がありますが、自分に必要がないと思ったものを切り捨て、必要なものだけを選択することでも保険料を抑えることができるでしょう。

保険の最終的な金額は、前述した様に家や車に匹敵するものもあるので、自分や家族が生きるためのもの、ということを念頭に入れて、安心した老後を送れるようじっくり計画を立てたいものですね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。