定期保険は掛け捨て【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

定期保険は掛け捨て【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

生命保険は、大きく分けて3つの形に分かれます。定期保険と養老保険と終身保険です。これらは、保障の面において各々違った特徴を持っています。ですから、生命保険への加入を考えるときに、自分はこの3つの保険の中で、どの保険に入っているかを理解している必要があります。そうしないと、後から自分が入っている保険が思ったものと違う!ということに成りかねないからです。

では、ここでは3つの生命保険の形のうち、定期保険についてお話いたしましょう。生命保険の分類として、掛け捨て、貯蓄性と分ける事ができますが、このうち「掛け捨て」の代表として定期保険があります。貯蓄性保険は養老保険や終身保険などですね。ここでは定期保険についてまとめていこうと思います。

定期保険は、一定期間の保険期間を決めて、死亡あるいは高度障害状態になった場合に保険金が支払われます。掛け捨てのため満期金はありません。このためもったいないと感じる人もいるかと思います。実際、長い目で見れば終身保険の方が安上がりになるケースもあります。

ではなぜ「掛け捨て」の保険があるのか、第1に、家庭を持つ人の場合、子どもの独立までの保証を得るための保険に利用する。掛け捨てだと保険料が少ないため、教育費の負担があるうちは「掛け捨て」という部分を差し引いても効率的といえるでしょう。保険料に比べて保障額が大きいのもこの時期には重要なことではないでしょうか?この場合、保険額が少しずつ減る分保険料がさらに割安になる逓減定期保険というものも有効でしょう。
第2に、貯蓄性の終身保険の負担+特約の保険では負担が大きすぎる場合。第1と一部同じ理由ですが、若い内に入ると有利な終身保険でも、払えるだけの収入がなければどうにもなりません。払えなければ老後も何もありません。とはいえ、ずっと定期保険のまま、というわけにもいかないので、いずれ終身保険を利用することになるでしょう。その時にも、家族がいるのなら定期保険にも加入しておく「定期付終身保険」を利用するといいでしょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。