定期付終身保険とは :生命保険の種類【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

定期付終身保険とは :生命保険の種類【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

定期付終身保険とは、終身保険定期保険を特約でつけたもので、90年代までの日本の保険の主流でした。現在でも日本の大手保険会社で、主力商品とされている保険種類で、この保険に加入している人も多いとかと思います。

この保険は、一生涯保証が続く終身保険を主契約にして、特約の形で死亡保障を定期保険の形で上乗せしたものになります。主契約が終身保険のため一生涯保障が受けられ、定期保険の契約期間中は、そちらからも保障が受けられるため、例えば教育費を踏まえた上での運用が可能になりますので、子供が成長した時の教育費などの負担を考えて加入する保険といえるでしょう。

定期付終身保険の保険料には、以下のように2種類の支払方法があります。

・掛け金の変わらない「全期型」

・更新時に掛け金が上がる「更新型」

この定期付終身保険の大きなメリットは、定期保険特有の保険料の安さです。この保険は若い内に加入すれば、高額な死亡保障でも保険料を安く抑えることができるため、経済的余裕がない若い家庭の方でも加入しやすい保険になります。また、更新型を選んだ場合、更新時に死亡保障額の見直しが可能ですよ。

定期付終身保険は、終身保険の一生涯保障と貯蓄機能にプラスして、高額な死亡保障を安価で確保できる定期保険のメリットが受けられるのです。しかしその反面、将来に保障額を見直すときに、定期保険の保障部分で更新時の保険料が大幅に上がるデメリットもあります。定期付終身保険の定期保険の保障部分の保険料は、「いついつまでがこの値段」といったように決まっており、それが過ぎると保険料が上がります。

この保険料が上がるデメリットがないタイプが、上記で紹介した「全期型」になるのですが、全期型は保障額の見直しができないという柔軟性に欠ける部分があります。ただし全期型には、保障額を変えない場合、保険料が更新型より安くなるというメリットもありますよ。どちらにも一長一短の特徴があるので、大切なのは自分のライフプランをしっかり持ち、どちらが向いているかを考えて加入するとよいでしょうね。

最後に忘れがちなことですが、定期保険の特約部分は契約期間が切れればそこで保障は消滅し、死亡保障など受けられなくなります。一般的に定期保険特約部分の保障額は、終身保険に比べて大きいので、子供の成長や住宅ローンの残年数をよく考え、特約である定期保険の契約が切れたら保険の見直しを忘れずするようにしましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。