養老保険とは:生命保険の種類【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

養老保険とは:生命保険の種類【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

養老保険とは、どういった保険なのでしょう? その特徴は?・加入するメリットは?・どんな人に向いている保険なのでしょうか?

生命保険の中でも養老保険という名前は、今はあまり聞き慣れないかもしれません。しかし、以前は掛け捨ての定期保険と並ぶほどの保険の主力商品でした。依然は平均寿命が低かったため、老後の積み立てと万一の保障を兼ねる養老保険にメリットがあったわけですが、現在は平均寿命も延び、長い期間にわたって保証が続き、お金も貯まる終身保険に取って代わられています。

では、今は養老保険は不要なのでしょうか?

養老保険の特徴は、満期の時の保険金と死亡保険金が同額であることです。つまり、満期まで保険料を払っても、途中で亡くなることがあっても同じ金額をもらえることになります。

終身保険と比較してのデメリットとしては、養老保険は貯蓄性は高いものの、保険料が割高になることです。その反面、設定する死亡保障は小額で、よって養老保険は貯蓄重視の保険と言えるでしょう。

養老保険の支払方法には2種類あり、月、年単位で払い込む「平準払」と、一括で払い込む「一時払」とがあります。平準払は、契約者の死亡時に受取人の保険料支払いが免除され、死亡保険金を受け取ることができます。一時払は、保障としてのメリットである保険料の免除がなくなる反面、利回りがよい事により金融商品として利用されていた時代もあります。

ただし、その時の予定利率によっては元本割れすることがあるので要注意です。どちらの払い方を選んだ場合も保険料は他の保険に比べ高くなるので、やはり養老保険は貯蓄をメインに考える保険と言えるかもしれません。

また養老保険は、この保険単体では死亡保障が少ないので、定期保険などの特約をつけることで、死亡保障を手厚くする場合が多いようです。この場合は、保険料に対し満期でもらえるお金は少なくなるので、貯蓄をメインで保険加入を考えるのなら、死亡特約はつけずに契約する様にしましょう。

また、養老保険を特約につける終身保険タイプの保険商品も売り出されていますので、死亡保障をある程度重視したいのなら、こちらの保険タイプでもよいでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102764878

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。