終身保険のメリットとデメリット:生命保険の種類【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】 - 生命保険 見直し@選び方 ポイント 相談 お役立ちサイト

終身保険のメリットとデメリット:生命保険の種類【生命保険 見直しのメリット@生命保険 保険料節約】

終身保険とは、加入すれば一生涯保障される保険で、いつ亡くなっても保険金が支払われる種類の保険です。終身保険のメリットは、生命保険の中では、一生害にわたり保障が続き、支払う保険料も同額で一定な事でしょう。反対にデメリットとして、その分保険料は掛け捨ての定期保険にくらべ割高になっています。

もともと老後の保険としては、貯蓄型の養老保険がありましたが、平均寿命が延びたことで、老後を迎える前に保険契約が満了してしまい、無保険状態になってしまうことが増えたため、その欠点を補った形の終身保険に取って代わられています。また、若いうちから加入しておけば最終的に支払う保険料が、掛け捨ての定期保険より安くなったりします。

終身保険のメリットの一つに解約返戻金があります。通常、掛け捨ての定期保険は、途中解約をすると、どんなにお金を払っていようが、戻ってくるお金はほとんどありませんが、終身保険は途中で解約すると解約返戻金としてお金が戻ってくるのです。

具体的には、終身保険は払い続けることで金額が増え、60歳になる頃に返戻金が保険料より多くなります。この事から、終身保険は貯蓄型保険とも呼ばれています。

また、冒頭に終身保険のデメリットとして、保険料が割高であると書きましたが、保険商品によっては、下記のように保険料を抑えたプランも用意されているようです。

・保険料の支払いを一定の年齢で終了させる有期払い込みタイプ

・一度に全額納めてしまう一時払いタイプ

・解約返戻金を抑えて保険料を下げる低解約返戻金型終身保険 などです。

また、将来のインフレに対応した変額型の終身保険も売り出されています。こちらは、他の保険種類にくらべ、ライフプランの中でより貯蓄面を考えたプランと言えるでしょう。
つぎに、終身保険のもう一つのデメリットとして、割高な保険料のため大きな保険金がかけられないという事です。保険の目的である死亡保険金額(死亡保障)は、支払う保険料に比例します。終身保険は貯蓄性が高いため、掛け捨ての定期保険にくらべ、死亡保障を高くすると、支払い保険料も高くなってしまいます。この事は、ヘタをすれば、保険料が家計を圧迫する事につながり、これでは生活を支えるための保険の意味がありません。

老後を考えるとできるだけ加入すべきですが、どれだけの死亡保障が必要なのかを収入と保険料を見比べて、定期保険等も活用した上で自分に適した保険に加入するとよいでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101091468

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。